ジャパンマテリアル

6055 ジャパンマテリアル 20年3月期2Qは25%減益だが、市場は評価

6055 ジャパンマテリアル が11月8日の大引け後、2020年3月期・第2四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 79.61
▲5.2
+20.95
165.97
▲3.3
+43.68
380.00
+5.8
+43.68
375.00
+4.4
+44.26
営業利益 12.31
▲42.4
+15.01
32.41
▲24.1
+39.52
82.00
+3.7
+39.52
81.00
+2.5
+40.01
経常利益 12.28
▲42.7
+14.98
32.54
▲24.1
+39.68
82.00
+3.5
+39.68
81.00
+2.2
+40.17
純利益 8.32
▲43.8
+14.73
22.21
▲24.7
+39.31
56.50
+2.5
+39.31
59.00
+7.0
+37.64

前期比では1Qに続き減収減益となったが、各利益の進捗は大きく前進した。
2Qまでのコンセンサスも、各指標値で全て超過した。

[2Q累計コンセンサス]
売上高:165.91、営業利益:30.25、経常利益:30.24、純利益:21.01(億円)

会社の通期予想に対する進捗率は各利益とも 40%にも届いていないが、続く3Q・通期と
後半の追い込みに期待したい。

<決算短信より>
・オペレーション部門は、半導体工場の生産活動が拡大して半導体製造装置メンテナンス、
_超純水プラント運転管理請負業務・メンテナンスを中心に堅調に推移。

・イニシャル部門は、主要顧客のNANDフラッシュメモリ工場で取引工場での新規設備投資が
_2019年3月期後半から減速し、影響を受けている。

営業上の経費を前期と比較すると、下記の通りとなる。(単位:億円)

売上高  今期:165.97 前期:171.66 (▲_3.3%)
売上原価 今期:120.04 前期:116.24 (+_3.2%)
総利益  今期:_45.93 前期:_55.41 (▲17.1%)
販管費  今期:_13.52 前期:_13.69 (▲_1.2%)
営業利益 今期:_32.41 前期:_42.72 (▲24.1%)

売上高が減少しても原価は上昇し、粗利益を圧迫している。
引き続き、厳しい外部環境が続いている事は間違いない。

しかしその環境の中でもマーケットの予想以上の実績を挙げており、その傾向が
今後も続く事を願っている。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

米中貿易摩擦の早期解決への期待から半導体メーカー等の株価は上昇傾向にあるが、
同社の株価もその流れに乗り、1Qの減益発表後3週間目に底打ち。

2Q決算発表を受けた本日は、+166円(+10.65%)の上昇でとなり2019年の高値を更新した。
今後の業績着地でその真価を問われる事となるため、後半戦もぜひ追い上げてほしい。

半導体の将来性は疑う余地はなく大いに楽しみにしており、今後も長期投資を続けたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00525]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティングG 19年3月期・1Q決算を発表、57%減益
  2. ウェルビー

    6556 ウェルビー 41%増益、2020年3月期は23%増益予想
  3. インターワークス

    6032 インターワークス 2018年3月期・1Q決算発表
  4. 日進工具

    6157 日進工具 2018年3月期・本決算予想を上方修正
  5. エスティック

    6161 エスティック 一時ストップ高
PAGE TOP