アビスト

6087 アビスト 前期も今期も減益だが、市場は反応せず

6087 アビスト が11月13日の正午、2019年9月期・本決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 91.28億円 +4.2% 90.77億円 +100.56%
営業利益 12.96億円 ▲18.9% 12.90億円 +100.47%
経常利益 13.51億円 ▲16.6% 13.43億円 +100.60%
純利益 9.49億円 ▲11.5% 9.18億円 +103.38%

通期予想は7月10日に下方修正しており、その数字は守っての着地となった。
しかし終わって見れば、2桁の減益となった。

1.設計開発アウトソーシング事業

_・売上高 +3.8%、営業利益 ▲5.7%
_・技術者稼働率は、高水準で推移。
_・従業員の待遇見直しにより、人件費が高騰。

2.3Dプリント事業

_・売上高 ▲8.7%、営業損失に転換
_・事業の本格立ち上げ時期が、想定よりも遅延。

3.美容・健康商品製造販売事業

_・売上高 +10.8%、営業利益に転換
_・水素水に加え、美容・健康商品の取扱いを開始。

4.不動産賃貸事業

_・売上高 +92.9%、営業利益 +44.4%
_・新規事業用不動産が、新たに稼動。

メインのアウトソーシング事業は、人件費の見直しにより営業減益に。
その他3事業は、まだまだこれからというスタートアップの位置付けである。

今期は自動車業界の環境を反映して、中々厳しい状況であった。

また、同時に発表した2020年9月期の業績予想は下表の通りとなった。
市場のコンセンサスも併記。

会社予想 前期比 IFIS 前期比
売上高 97.49億円 +6.8% 92.20億円 +1.0%
営業利益 11.90億円 ▲8.2% 10.50億円 ▲19.0%
経常利益 12.36億円 ▲8.5% 10.80億円 ▲20.1%
純利益 8.58億円 ▲9.5% 7.30億円 ▲23.1%

自動車および同部品業界は「100年に一度」の急速な技術革新が進展しており、
業界の設備や研究開発投資は、引き続き堅調に推移するものと見込んでいる。

その様な中、物作りの上流工程である設計開発の技術者ニーズは引き続き増えると推察。
一方、取引先の働き方改革に伴う残業抑制により、工数への影響を注視する必要がある。

今後の見通しは、景気に不透明感があるものの緩やかな回復基調で推移すると想定。

自動車業界の設計技術者および、設計請負業務の需要も堅調に推移すると予測しており
設計開発アウトソーシング事業において増収を見込んでいる。

・・・しかし、増収減益を見込んでいる様だ。
そしてコンセンサスは会社より更に厳しく見ており、2桁の減益予想となっている。

今期は、非常に厳しい中でのスタートとなる。
期初が一番悲観的で、環境の改善により四半期毎に上回っての着地を期待している。

_
<中期経営計画ローリング>
今後3年間の、中期経営計画を発表。
2022年9月期は、
_・売上高___114.70億円
_・営業利益__14.00億円
_・経常利益__14.20億円
_・純利益_____9.70億円

純利益は 2018年9月期の実績(10.72億円)に届いていないため、これを超過出来る
様に是非とも頑張って頂きたい。

_
<配当政策の変更>
配当政策について、下記の通り変更を発表。

結当期純利益の 35%程度の水準(配当性向 35%程度の水準)で毎期配当していく
__
結当期純利益の 35%以上(配当性向 35%以上)で毎期配当していく

唯一といって良い位の明るいIRであるが、今後も増配を期待しながら業績の成長を
待ち続ける事としたい。

__
次に、株価の動きについて確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は中期的に下落トレンドが続いていたが、漸く下げ止まったのだろうか。

2018年6月に株価 4,640円で投資した株式は、1年半で▲40%程度の含み損となり
長期投資PFを構成する 18銘柄の中で一番悪い。

今回の決算発表当日の終値は、前日比 ▲32円と 1%台の下落率で済んだ。

マーケットは今期の2桁減益を織り込んだのか、それとも期中に業績が上振れすると
予想しているのか。

何れにしろ、現在の私にはもはや失うものは何もないため、引き続き毎年配当を
受領しながら、長期で業績の回復を待つつもりである。

アウトソーシングの流れは今後も変わる事はなく、自動車産業はその形を大きく
変えてもなくなる事はない。

今後も長期的には成長して行く事を期待しており、その姿を追う事にしたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00527]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム やらかした件の落とし前を発表
  2. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイアールジャパンHD から株主通信。 ~整いました~
  3. アイ・アールジャパンホールディングス

    東証の改革報道で 6035 IRJHD が急伸
  4. エスティック

    6161 エスティック 通期予想を上方修正・純利益+23%、配当予想も増額
  5. ポートフォリオ全般

    2019年の予想受取り配当は、手取り利回り 3%台に
PAGE TOP