ポートフォリオ全般

2019年受取り配当の実質的な手取り利回りは、3.64%に

2019年の年間受取り配当金額が、事実上確定した。

初めに、2013年からの年間の受取り配当金額と利回りの推移は、下図の通りとなった。

全て、税引後の手取り額ベースとなる。
なお、利回りは実際の数値を 10倍している。

2019年の事実上の受取り配当金額は、766,565円となった。
投資総額に対する利回りは、4.10%となる。

但し、配当権利落ち後に売却した銘柄があり、それらは投資総額には含めていない。
売却済み銘柄の配当受取額は 87,035円。これを除くと、実質的な利回りは 3.64%となる。

これでも2018年までと比較すると、その上昇率が頭ひとつ分増えている。

次に、2013年からの受取り配当金額の累計は、下図の通りとなった。

グラフは放物線を描いて上昇しており、まだ金額は少ないながらも ”雪だるま” の効果が
少しずつ出始めている。

今後も長期投資を継続し、配当金額を増やし続けて行きたいと思う。

次に、2019年1月1日~12月31日の受取り配当金額の最終的なPF銘柄毎の結果は、
下表の通りとなった。

各銘柄は、年間の配当利回りの高い順に記載している。

権利日ではなく、支払日ベースでの集計結果である。 また、全て税引後の手取り額ベースである。
なお、青字に青色の網掛けは増配、赤字に赤色の網掛けは減配を表している。

_
1位は、6035 アイ・アールジャパンホールディングス。
配当利回りは、前回予想の 10.54%から 11.77%に上昇した。

今期の中間配当を、従来の 20円予想から 25円に増配してくれた。
期末配当予想は 30円で、合計 55円となる。 これをどこまで伸ばしてくれるか、大いに期待。

_
2位~5位は、前回と変わらず更なる増配もなく順位が確定した。
6位の 4327 日本SHLは、期末配当予想を 3円増配して 37円となり順位を上げた。

直近で2019年中に受領する配当金額を増やしたのは、IRJHD と 日本SHL の2社であった。

売却済み銘柄を除いた2019年の配当金額は 68万円で、2020年はこの金額が基準となる。

現時点で発表されているもの以外は増減配が無いと仮定すると、その額は 73万円となる。
この場合の利回りは 3.93%となり、4%まであと少しである。

もしも相場が下落して追加投資をした場合はどうなるかわからないが、現時点でここまでの
水準に上がって来る事が出来た。

今後も増配を継続出来る成長企業もPFに取り込み、インカムゲインの増大を図って行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00532]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. 投資全般

    (提案) IPO公募株にロックアップ枠の創設を
  2. 日進工具

    6157 日進工具 を売却、20%の利益で撤退
  3. プロシップ

    3763 プロシップ 2019年3月期・1Q決算を発表、5%増益
  4. 投資方針

    投資の目的
  5. ユニバーサル園芸社

    6061 ユニバーサル園芸社 がモーニングサテライトに登場
PAGE TOP