コムチュア

3844 コムチュア 20年3月期・3Q決算は10%増益

3844 コムチュア が本日1月29日の大引け後、2020年3月期の第3四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 48.12
+15.0
+24.06
100.76
+18.8
+50.38
155.07
+19.1
+77.53
200.00
+10.7
+77.53
207.00
+14.6
+74.91
営業利益 6.17
+22.1
+21.42
13.46
+10.9
+46.74
20.30
+7.1
+70.49
28.80
+12.0
+70.49
29.00
+12.8
+70.00
経常利益 6.26
+22.9
+21.78
13.51
+10.7
+47.01
20.34
+6.9
+70.77
28.74
+11.6
+70.77
29.00
+12.6
+70.14
純利益 4.65
+39.9
+23.00
9.40
+15.7
+46.51
13.92
+10.3
+68.88
20.21
+11.8
+68.88
20.50
+13.4
+67.90

各指標値とも、2Qまでとほぼ同じペースで進捗した。
各利益の通期会社予想に対する進捗率は純利益ベースでは 70%を少し下まわる程度で着地。

決算のポイント:グローバルなクラウドプラットフォーマーとの連携によるソリューションの
提供や、クラウド環境の構築などでクラウド事業が大きく伸長。
(Amazon Web Service,Microsoft,Salesforce.com,ServiceNowなど)


画像出所:コムチュア株式会社 2020年3月期 第3四半期決算説明資料

事業別には、クラウドソリューション事業とデジタルソリューション事業が大きく伸びている。


画像出所:コムチュア株式会社 2020年3月期 第3四半期決算説明資料

従前のセグメント別の結果
_・ソリューションサービス関連(売上高 +18.2%、営業利益 ▲1.1%)
__主力事業であるクラウドビジネス、ビッグデータ・AI・RPAビジネスの需要が増加
__ERPビジネスでは新規導入や更新ビジネスが増加
__半面、採用人数の増加やオフィスの増床等の先行投資も増加

_・ネットワークサービス関連(売上高 +20.5%、営業利益 +28.1%)
__顧客のクラウド環境移行に伴う構築や遠隔監視ビジネス等、成長領域のシフト
__当期より連結した子会社の寄与

_・プロダクト販売関連(売上高 +70.9%、営業利益 +401.8%)
__クラウドサービスのライセンスの再販ビジネスが大きく伸長

営業上の経費を前期と比較すると、

_売上高  今期:155.07億円 前期:130.25億円 (+19.1%)
_売上原価 今期:120.19億円 前期:_99.19億円 (+21.2%)
_粗利益  今期:_34.88億円 前期:_31.05億円 (+12.3%)
_販管費  今期:_14.58億円 前期:_12.11億円 (+20.4%)
_営業利益 今期:_20.30億円 前期:_18.94億円 (_+7.1%)

原価率・販管費率は2Qに続いて前期より僅かに上昇し、営業利益の増益率に影響している。
採用増に伴う人件費の増加や、オフィス増床等の投資費用が要因となっている。

次回の4Qで、最後のスパートで利益の積み増しを期待したい。

_
次に、これまでの株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。

株価は今月に入って実質的な上場来高値を更新し、一時は 2,500円台に到達した。

本日時点の終値は 2,465円となっているが、本日の決算発表を受けて明日以降はどの様な
値動きとなるのだろうか。

今後も会社として成長を積み重ねて頂き、その企業価値を高めて行く事を願っている。
そして引き続き、長期投資のスタンスで臨むつもりである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00544]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. ポートフォリオ全般

    2019年受取り配当の実質的な手取り利回りは、3.64%に
  2. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2020年3月期・3Qは15%増益、株価は下落
  3. 割切投資

    6545 インターネットインフィニティー 19年3月期・3Q決算を発表、84%減…
  4. ウェルビー

    6556 ウェルビー が上場来高値 1,900円、ダブルバガー達成
  5. セントケア・ホールディング

    2374 セントケアHD 2019年3月期・1Q決算を発表、46%減益
PAGE TOP