日本M&Aセンター

2127 日本M&Aセンター 20年3月期・3Qは18%増益、一時ストップ安

2127 日本M&Aセンター が1月30日の大引け後、2020年3月期の第3四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。市場のコンセンサスも併記。

実績(億円)
前期比(%)
対通期会社予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
直近進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社 IFIS
売上高 79.67
+29.1
+24.59
176.96
+23.1
+54.62
261.57
+15.1
+80.73
324.00
+13.8
+80.73
343.50
+20.7
+76.15
営業利益 38.96
+51.0
+28.36
91.86
+32.3
+68.04
128.53
+18.7
+95.20
135.00
+7.7
+95.20
155.50
+20.7
+76.15
経常利益 39.28
+51.5
+29.10
92.45
+32.9
+68.48
130.03
+20.1
+96.32
135.00
+7.7
+96.32
157.00
+25.3
+82.82
純利益 26.81
+31.4
+29.40
63.37
+26.1
+69.48
90.48
+18.2
+99.21
91.20
+2.8
+99.21
105.50
+19.0
+85.76

純利益では前期比 +18%の増益となり、通期予想に対する進捗率は99%となった。
つまり4Q単体で赤字にでもならない限り、通期予想をほぼ達成した事になる。

会社は予想を上方修正しなかったが、今後のお楽しみという事だろう。

そしてIFISコンセンサスは前回2Qより上方修正されたが、これに対する進捗率も85%と
超過着地となり、マーケットの期待以上の着地となった。

期間中のM&A仲介件数は、下記の通りとなった。


画像出所:株式会社日本M&Aセンター IR Report 第3四半期 決算説明資料

・3Q単体では 224件、前期は 220件で前期比 +1.8%
・3Q累計では 743件、前期は 605件で前期比 +22.8%

3Q単体の件数としては、前期から殆ど伸びていない。四半期毎に業績を見ると
・売上高は、1Q:79.67、2Q:97.29、3Q:84.61(億円)
・純利益は、1Q:26.81、2Q:36.56、3Q:27.21(億円)

となり、何れも3Q単体で見ると、加速した2Q単体に対して再び減速している。
3Q単体での売上高も、前期の 83.39億円に対して 1.46%の増収に留まった。

今回の好調な着地は、やはりペースアップした2Q単体での貯金によるものが大きそうだ。
最後の4Qで売上確定の案件件数や金額のペースを上げ、上方着地の度合いを高められるか。

_
3Q期間中のセミナーは、東北エリアで集中的に 7会場、その他は愛知、大阪、福岡で開催。
また、製造、給食・弁当、製パン、物流、食品卸、医療など各業界向セミナーを多数開催。

また会員である会計事務所は、2018年12月の 853から 50増加し 903事務所となった。

TOKYO PRO Market 上場支援事業では、22年度中に 100件のJ-Adviser契約を目標としている。


画像出所:株式会社日本M&Aセンター IR Report 第3四半期 決算説明資料

M&A事業との融合や相乗効果により、新たなビジネスの創出に期待が掛る。
将来の成長が楽しみな、新たな事業の幕開けに期待したい。

_
最後に、これまでの株価の動きを確認してみたい。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。

これまでの株価は、前回の2Q決算が純利益で 26%増益となった事を受けて大きく上昇。

その後も上昇を続け、1月20日には実質的な上場来高値となる 4,110円を付けた。
しかしその後は下落に転じ、3Q決算発表後の31日には一時ストップ安となる下落に。
終値はストップ安から70円戻し 3,180円、前日比 ▲630円の大幅安となった。

コンセンサスと比較しても、そこまでマーケットの期待に届かない決算とは到底思えず、
マーケットが何を考えているのか、全くわからない結果となった。

マーケットの評価に一気にしても仕方が無い。今後の事業の成長を期待しながら、
引き続き長期投資のスタンスで保有を続けて行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00546]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

 ・2020年   9,634 万円 ( +61%+517%

 ・2021年   6,549 万円 ( ▲32%+319%

カテゴリー

  1. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 コテンパンの市場評価
  2. リログループ

    8876 リログループ 株価 3,000円台達成
  3. システナ

    2317 システナ Pepper による 『歩いてご案内』 が住宅ギャラリーで採…
  4. プロシップ

    3763 プロシップ 2018年3月期・2Q決算発表
  5. 東計電算

    4746 東計電算 3Q決算も2桁増益・増配、株価は煮詰まり中
PAGE TOP