東計電算

4746 東計電算 本決算は15%増益。配当を更に上乗せ

4746 東計電算 が本日2月3日の大引け後、2019年12月期の本決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績(億円)
前期比(%)
対通期予想 進捗率(%)
通期予想(億円)
前期比(%)
最終進捗率(%)
1Q 2Q 3Q 4Q 会社予想
売上高 38.43
▲0.9
+25.13
71.27
+1.1
+46.61
112.20
+3.2
+73.38
153.00
+2.7
+100.05
152.91
+2.6
+100.05
営業利益 8.96
+7.6
+29.05
14.08
+9.8
+45.65
23.92
+9.4
+75.34
32.40
+12.0
+102.05
31.75
+9.7
+102.05
経常利益 9.59
+12.0
+27.26
16.09
+11.5
+45.74
26.63
+9.7
+74.01
36.61
+12.7
+101.75
35.98
+10.8
+101.75
純利益 6.57
+11.4
+27.09
11.18
+12.2
+46.29
18.50
+10.3
+74.60
25.69
+14.9
+103.59
24.80
+10.9
+103.59

2019年12月期は結局、純利益ベースで前期比 +15%近い増益でまとめた。
3Q決算時に上方修正した通期予想に対しても、全て100%を超過しての着地となった。

1.情報処理・ソフトウェア開発業務(売上比率:89.1%)

_・売上高は前期比 +5.6%、営業利益は前期比 +13.2%
_・ソフトウェア開発業務及びファシリティサービス業務が、前年対比で横ばい。
_・重点的に取り組んだシステム運用業務が、堅調に推移。

2.機器販売業務(売上比率:8.4%)

_・売上高は前期比 ▲21.2%、営業利益は前期比 +5.5%
_・複数の大型取引のあった前連結会計年度の反動減により、販売数量が減少。
_・利幅の大きい機器の受注が、4堅調に推移。

3.リース等その他の業務(売上比率:2.4%)

_・売上高は前期比 +6.7%、営業利益は前期比 ▲13.6%
_・不動産賃貸業務や事務機器の賃貸等による収入は堅調。
_・収益性の低い事務機器の販売による収入が増加。

主力の情報処理・ソフトウェア開発業務が好調なため、全体としてはそつなく増収増益を達成。

<配当予想を増配>
決算発表と同時に、期末一括の配当予想を更に増配した。素晴らしい還元ぶりである。

期初予想:90円
3Q時予想:100円
今回予想:110円(株主総会に付議)

また、同時に発表した2020年12月期の業績予想は下表の通りとなった。

今期予想 前期比
売上高 170.95億円 +11.7%
営業利益 36.02億円 +11.2%
経常利益 40.96億円 +11.9%
純利益 28.44億円 +10.7%

配当予想は、前期と同額の 110円となっている。 がしかし、これはないだろう。

直近の実績と今期予想を比較すると、
2018年12月期 実績 EPS:242.99円 実績配当:_90円 実績配当性向:37.0%
2019年12月期 実績 EPS:279.23円 実績配当:110円 実績配当性向:39.4%(事実上)
2020年12月期 予想 EPS:309.16円 予想配当:110円 予想配当性向:35.6%

これだと配当性向が大幅に下がる予想だ。予想 EPSは、遂に 300円台に乗せてきた。
もし配当性向を 38.8%にすると配当額は 120円、40.4%にすると 125円となる。

個人的には、業績上ブレと配当性向の上昇で 130円の予想としたい。
どうなるか、1年後の結果が楽しみである。

_
それから、将来に向けて楽しみな点をひとつ。
当社は現在、クラウドサービス等の課金システムへの収益転換を進めようとしている。

現在既に、様々な業界に向けてクラウドサービスを展開しているのだ。
今後シフトを進めれば、確実に収益構造は強化されると考えている。

<運送>
・運送業向け基幹システム『轟~TODOROKI~』
・運行/動態管理システム 『Trustar』

<物流>
・医療/医薬品向け物流システム『Medical-Vision』

<通販>
・ふるさと納税管理システム『F-RAKU』

<小売>
・小売/専門店向け総合システム『E-Mart LINK 専門店版』
・多機能POSシステム『LINK-POS』
・物販/専門店向け総合システム『E-Mart LINK ドラッグストア版』

<建設>
・工事原価管理統合システム『Web Active Construct SALE』

<外食>
・外食/店鋪業務統合システム『FOOD-LINK R3.0』

<マンション管理>
・分譲マンション管理/会計システム『J-One NEO』

<教育>
・大学向け総合システム『Blue』
・クラウド型インターネット出願システム

<病院>
・医療向け勤怠管理/給与計算統合システム「OLude」

地味な同社だが、事業収益構造の変化と共に大きく変貌していく事を期待している。

_
最後に、これまでの動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートおよび四半期決算における純利益の推移は、下記の通りである。

株価は昨年12月に実質的な上場来高値となる 3,940円を付けた後は、またもや下落中だ。
今期の予想 EPSは 309.16円となった。現在株価 3,530円だと、予想 PERは 11.4倍である。

マーケットはいつまで、この低い評価で抑える事が出来るだろうか。
今後もその行く末を、静かに見守って行きたいと思う。

本当に将来の大化けが期待出来る企業だと考えており、今後も長期投資で臨みたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00547]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 2Qは特別損失で11億円の最終赤字に
  2. ウェルビー

    6556 ウェルビー が上場来高値 1,900円、ダブルバガー達成
  3. ウェルネット

    2428 ウェルネット 19年6月期・2Q決算も減益だが、割合は減少傾向
  4. コムチュア

    3844 コムチュア 2018年3月期本決算と中計を発表
  5. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 2018年3月期・2Q決算発表
PAGE TOP