アイ・アールジャパンホールディングス

6035 IRJHD 上場来高値を更新し株価 1万円台で30バガー達成

<Written by 圭壱(Twitter : 圭壱@長期投資)>

本日6月1日、6035 アイ・アールジャパンホールディングス の株価が上場来高値を更新し、
高値 10,210円、終値 10,050円で初の 1万円台を達成した。

また同時に、私の買値となる 325円から 30.9倍となり、トリプルテンバガーを達成した。
評価額も 3,015万円となり、初めて 3,000万円台に乗せた。

同社株式の週足チャートと純利益の推移、30バガー到達の軌跡は下図の通りである。

_・2019年08月02日:テンバガー
_・2019年12月20日:15バガー
_・2020年02月13日:ダブルテンバガー
_・2020年05月19日:25バガー
_・2020年06月01日:トリプルテンバガー

昨年8月にテンバガーを達成後、1年も経たずに株価は3倍になった。
本当に株主冥利に尽きるとしか、他に良い表現方法が見つからない。

_
また、5月29日には決算説明会資料が開示されている。

2020年3月期は営業利益が一気に成長し、売上高営業利益率も向上し 47.2%と 50%に迫る。
先行投資が一段落した事で利益率が大幅に向上し、一層の利益体質へと変貌を遂げた。


画像出所:株式会社アイ・アールジャパンホールディングス 2020年3月期 決算説明会資料

利益額が大きく成長した要因は、大型プロジェクトが件数・金額とも大きく伸びた事による。


画像出所:株式会社アイ・アールジャパンホールディングス 2020年3月期 決算説明会資料

アクティビスト対応や委任状争奪、敵対的TOB等の企業支配権争奪における実績が評価され、
これら大型案件の受託に結び付いている。

コロナウィルスによる環境の悪化でさえも、当社にとっては追い風となるのか。


画像出所:株式会社アイ・アールジャパンホールディングス 2020年3月期 決算説明会資料

コロナ禍による株主価値の毀損は、アクティビストにとって影響力を高める格好の好機と
なるのであろうか。

企業にとって資本リスクが高まるのであれば、それは当社にはビジネスチャンスとなる。

_
株主としての、長期的な展望は変わらない。この図に尽きる。


画像出所:株式会社アイ・アールジャパンホールディングス 2020年3月期 決算説明会資料

現在の主業務である、広義のSRコンサルティング市場 1,000億円での同社の規模は 30億円。
これを、500億円規模に拡大する事を目指す。

加えて、リーガル市場 2,000億円 + M&A市場 6,000億円の合計 8,000億円市場において
400億円規模に拡大する事を目指す。

これらを合わせ、合計 900億円の事業規模が最終的に目指す規模だ。現在の 30倍となる。

その構想の実現に向けて、引き続き着々と歩んで行ってほしい。
これからも永久保有の方針で、引き続き同社を応援して行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00569]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. いやあ、おそれいりますね。

    日を追うごとに、その前に追加購入しなかったことを後悔する株です。

    900億円の売上。その時の配当額は? 株価は? 勝手に想像して楽しんでます。
    相変わらず400株ぽっちですが。

      • 圭壱
      • 2020年 6月 03日

      やまゆさん

      こんばんは。
      まさかこんなに早く5桁に乗せるとは思いませんでした。
      本日は調整してくれたので良かったです。5桁を固めた先が楽しみですね。

      会社の目指す所を長期で歩んで行った時、株価も想像を遙かに超えた所を
      目指して行くのでしょうね。楽しみですね。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. システナ

    2317 システナ 株価 1,600円超えで8ヶ月振りの高値圏へと浮上
  2. 投資全般

    2019年の日本株相場は今後どうなる?
  3. アビスト

    6087 アビスト 18年9月期本決算は11%増益・16円増配、新中計発表
  4. ソーバル

    2186 ソーバル 株式分割と増配、株主優待拡充を発表
  5. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (17/11/02) ~評価額 4,200万円達成~
PAGE TOP