ポートフォリオ月間状況

ポートフォリオ状況 (20/06/05) 前回比+30%で過去最高を更新

<Written by 圭壱(Twitter : 圭壱@長期投資)>

月間ポートフォリオ状況について記載する。
2020年6月・第1週末時点のポートフォリオ状況は、下記の通りとなった。

__評価総額  : 6,725万円   前回比  : +1,559万円 (+30.2%)
__含み益率  : +408.3%

【2019年末からの、PFの単純増額率】
__昨年末評価総額 : 5,988万円
__現在の評価総額 : 6,725万円(+12.3%)

評価総額は 2月以来 4ヶ月振りに年初来プラスに復帰し、過去最高額を更新した。

_
長期投資PFにおける、前回結果と期間中の最小・最大・最終結果、及び各含み益の変動率は、
下記の通りとなった。

区分 日付 投資総額 評価総額 含益総額 含益率
前回結果 05/01 1,323万円 5,166万円 3,843万円 290.42%
期間最大 06/02 1,323万円 7,029万円 5,706万円 431.21%
期間最小 05/14 1,323万円 5,223万円 3,900万円 294.74%
今回結果 06/05 1,323万円 6,725万円 5,402万円 408.27%

評価総額の最高額は6月2日に 7,029万円となり、この日唯一 7,000万円台を達成した。
_
また月間(20/05/07 ~ 20/06/05)の長期投資PFの評価総額の推移は、下図の通りとなった。


※ボラティリティは正式な計算式によるものではなく、単純な変動率。
変動率 = 期間中の変動額 ÷ 前回の評価総額 × 100 (%)

評価総額は前回最終である 5月1日の 5,166万円を一度も下回る事なく上昇し、
月間で 30%の上昇となり 6,000万円台に復活した。

_
また、同じく直近3ヶ月間(20/03/09 ~ 20/6/05)での推移は、下図の通りとなった。

3月の最低額から6月の最高額まで、ボラティリティは約 63%と大きく変動した。
金額ベースでは 4,316万円から 7,029万円へと、2,713万円の増加である。

_
次に、2018年1月以降の月間変動額およびボラティリティの推移は、下図の通りとなった。


※ボラティリティは正式な計算式によるものではなく、単純な変動率。
※投資総額および、前月最終の評価総額に対する2種のグラフを記載。

評価総額の月間変動額は 1,806万円と、一気に上昇し突き抜けた。
投資総額に対する変動率も 136.5%に到達し、大きく動いた。

何れも、期間中のVIX終値の最大値が 35台へと低下したのとは対照的である。

_
また期間中の売買は、下記の通りとなった。

_【長期投資PF】
___売り :無し
___買い :無し

_
次に、2017年8月以降の長期投資PFの投資総額と評価総額、TOPIXの推移は下図の通りとなった。


※TOPIX株価指数は、2倍している。

評価総額は大きく上に突き抜け、2019年1月からの上昇ライン上に復帰した。
投資総額は前回と変わらず、最低レベルを維持。これ以上は減らさない予定である。

_
次に、月間の各指数および長期投資PFの各銘柄の変動状況は、下表の通りとなった。
黄色の網掛けは月間変動率がマイナス、ピンク色の網掛けは含み損を表している。

<各指数>

各指数とも2桁の上昇。マザーズはもうぶっ飛び状態、満貫ハネ満バイ満の連続攻撃。
個人投資家の半数程度は、専業+リモワのデイトレーダーと化しているのだろう(笑)

<PF各銘柄>(月間変動率の昇順)

月間上昇率 1位は、アイ・アールジャパンホールディングス で +49.5%。

この大幅上昇により、評価総額ベースではPF全体の何と 43%を占めている。
果たして良いのやら悪いのやら、である。

2位は、M&Aキャピタルパートナーズ で +44.9%。
日本M&Aセンター も +32.2%で実質的な上場来高値を更新、M&Aの2銘柄が共に強い。

5位で +31.7%となった コムチュア に対して、システナ は僅か +1.7%に留まった。
今期の減益予想が重しだが、1Qの結果次第では大きく跳ねる可能性を感じている。

<PF各銘柄>(評価損益率の昇順)

6位の 日本M&Aセンター から9位の プロシップ の範囲で順位の変動があったが、その他は不変。

最下位のマニーが含み益となり、2013年末に今回の成長株への長期投資を開始して以来、
初めてPFの全銘柄が含み益となった。

常に最低でも1銘柄は必ず含み損の状態であったので、これは嬉しい。

私は同一銘柄は常に1度に買い、以降は追加で買う事はしない。
従って、保有銘柄の株価が上昇すればするほど素直に喜べるのだ。

さて、世の中の不安をよそに株価だけは猛烈な勢いで上昇している。

米国を筆頭に国を挙げて株価を人為的に持ち上げており、騰がるのは当然なのだろう。
だがその先に果たして何が待っているのかは、誰にもわからない。

私としては保有株はその流れに全てを委ね、これから待ち受けているその先を見据えて
長期的な視点で行動する事にしたい。

次回は、7月3日大引け後の結果でPF状況を纏める予定である。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00570]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. 日進工具

    6157 日進工具 2019年3月期・1Q決算を発表、18%増益
  2. インターワークス

    6032 インターワークス 2019年3月期・1Q決算を発表、31%減益
  3. 日進工具

    6157 日進工具 2019年3月期・3Q決算を発表、5%増益
  4. インターワークス

    6032 インターワークス 2019年3月期・2Q決算を発表、15%減益
  5. 投資全般

    再度の急落到来なのか?
PAGE TOP