アイ・アールジャパンホールディングス

6035 IRJHD 1Qは+8%、2Qは+50%予想も株価は▲600円

<Written by 圭壱(Twitter : 圭壱@長期投資)>

6035 アイ・アールジャパンホールディングス が7月31日の正午、2021年3月期の
第1四半期決算を発表した。

指標毎の前年同期間比と、同時発表の中間予想に対する進捗率は下記の通りとなった。
なお、通期の業績予想は売上高を5%程度上方修正。各利益は引き続き未定とした。

・売上高 :+9.7%(54.7%)
・営業利益:+8.3%(60.6%)
・経常利益:+8.3%(60.6%)
・純利益 :+7.8%(60.7%)

中間予想の前年同期間比は、下記の通り。

・売上高 :+28.0%
・営業利益:+50.5%
・経常利益:+50.7%
・純利益 :+49.1%

1Q決算としては、売上高・利益ともに過去最高を更新したが、以下の要因で低いものとなった。

・コロナ禍を特殊要因とした機関株主が議決権行使を一時的に緩和、議決権リスクが低下。
・自宅でのリモートワークに移行したこと等により、顧客への提案機会をロスした。

但し、6月より自宅ワーク部署を限定し売上・利益の伸びは回復、業績上振れに向けギアチェンジ。
漸くコロナ禍前の円滑なコミュニケーションに戻り、案件の提案に弾みが付いたとしている。

2Qに終了する支配権争奪・アクティビスト対応のPA・FA等大型PJが昨年に比べ大幅増加。
受注額 5,000万円以上の上期の大型PJは前期 7件、今期 12件の予定。

純利益で前期比約 50%の2Q増益予想に対して、1Qの進捗率は 60%である。
本当に素晴らしいとしか言いようのない実績である。

死角は正にコロナ禍だけだが、それに対する対策も進んでいる。

<今後の市場成長に期待>

国内上場企業は、未だ支配権争奪のリスクの備えを「対岸の火事」としか見ていないことが多い。
アクティビストやM&A攻勢をかけるストラテジックバイヤーにとり、大きな機会と市場が存在。

経産省は上場企業の取締役・社外取締役に対し、年1回の事業ポートフォリオ見直し等を柱とした
「事業再編実務指針」、「社外取締役の在り方に関する実務指針」をまもなく公表予定。

これにより事業ポートフォリオの定期見直しが必須化、投資家との対話や情報開示課題と対応の
方法論、社外取締役の責務等が示される。

アクティビストやストラテジックバイヤーは、同指針も巧妙に用いて活発化する事が想定される。

最後に、肝心の株価。同社株式の日足チャートは下記の通りである。

31日の後場は下落して、結局大引けは前日比 ▲600円と売られた。

この市場判断については、取り敢えず異議アリ! と申し立てておこう。

一体市場は、何をどこまで望んでいるのだろうか。
通期業績予想も相変わらず売上高のレンジに留まったとはいえ、5%台で上方修正されている。

2Q決算発表とその後の株価の反応が、今から楽しみである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00576]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. コムチュア

    3844 コムチュア 20年3月期・2Q決算は15%増益
  2. 割切投資

    2412 ベネフィット・ワン に値幅取り狙いの割切投資
  3. インターワークス

    6032 インターワークス を売却、45%の損失確定
  4. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2018年3月期本決算発表でストップ高
  5. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&ACP 20年9月期・2Q決算は ▲34%減益も進捗進む…
PAGE TOP