投資全般

再度の急落到来なのか?

2月2日を頂点とした今回の急落から、4週目の相場が終了した。

この間の株価指数は、日経平均株価は2月14日に一旦底を打ち少しずつ上昇していたが、
今週に入りNYダウが3日連続で急落。

日経平均株価もこれを追いかける様に、28日より3日連続で再び急落の様相を呈した。

2月2日からの各指数の推移を、下図に表す。

NYダウ、日経225、東証マザーズ、日経JASDAQの各指数の終値の推移である。

表示日付は日本の取引日で、NYダウはそれぞれ直前の取引日の終値。
東証マザーズ指数と日経JASDAQ指数は、それぞれ 20倍・6倍している。

最近は、NYダウと日経225の値動き及びその差はほとんど同じである。

2月2日からの値位置は

・ダウ:1日終値 26,186ドル → 3月1日終値:24,608ドル(94.0%)
・日経:2日終値 23,274円  → 3月2日終値:21,181円 (91.0%)

であり13日以降、その差は縮まらない。

一方で小型株指数は

・ジャスダック:2日終値 4,270 → 3月2日終値:4,066 (95.2%)
・東証マザーズ:2日終値 1,324 → 3月2日終値:1,213 (91.6%)

となっており、マザーズは最初の5日・6日の下落率が大きく日経225並みであるが、
日経JASDAQはNYダウを抜いてトップである。

個人投資家のセンチメントの影響を強く受けやすい、2つの小型株指数が14日の大底後は
比較的強く推移している。

そして今週は下げたとはいえ、大型株指数と比較すると抵抗を示している。

週末のNYダウの下げが少し落ち着きつつあるのがせめてもの救いであるが、何かまた嫌な
雰囲気になりつつある。

日本は企業業績が好調であるにも関わらず、米国のちょっとした経済指標や政策の発表と
それを受けたNYの相場動向に神経を尖らせる相場となってしまっている。

こういう時は、何をどうジタバタしても無駄であろう。
相場自身が落ち着きを取り戻し、また力強く上昇するその時期まで根気よく待つしかない。

投資先企業の成長を信じ、腹を括って臨みたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00209]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. エスティック

    6161 エスティック 軟調相場の中、ストップ高で 5,600円台と3バガー達成…
  2. ソーバル

    2186 ソーバル 株価 1,500円台と3.5バガー達成
  3. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 アイ・アールジャパンHD から株主通信。挨拶文に握力強まる
  4. ソーバル

    2186 ソーバル 2019年2月期・3Q決算を発表、 2.2%増益
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 2019年3月期・3Q決算を発表、21%増益
PAGE TOP