ポートフォリオ月間状況

ポートフォリオ状況 (21/03/05) 続落で6バガーから陥落

<Written by 圭壱(Twitter : 圭壱@長期投資)>

月間ポートフォリオ状況について記載する。
2021年2月・第1週末時点のポートフォリオ状況は、下記の通りとなった。

__評価総額  : 7,774万円   前回比  : ▲945万円 (▲10.8%)
__含み益率  : +493.0%

【2020年末からの、PFの単純増額率】
__昨年末評価総額 : 9,634万円
__現在の評価総額 : 7,774万円(▲19.3%)

評価総額は昨年末から 20%近く減少し、含み益率は遂に 500%から陥落した。

_
長期投資PFにおける、前回結果と期間中の最大・最小・最終結果、及び各含み益の変動率は、
下記の通りとなった。

区分 日付 投資総額 評価総額 含益総額 含益率
前回結果 02/05 1,310万円 8,719万円 7,409万円 565.19%
期間最大 02/09 1,310万円 9,015万円 7,705万円 587.74%
期間最小 03/05 1,310万円 7,774万円 6,464万円 493.09%
今回結果 03/05 1,310万円 7,774万円 6,464万円 493.09%

_
また、月間(21/02/08 ~ 21/03/05)の長期投資PFの評価総額の推移は、下図の通りとなった。

※ボラティリティは正式な計算式によるものではなく、単純な変動率。
変動率 = 期間中の変動額 ÷ 前回の評価総額 × 100 (%)

前回に続き 10%・1,000万円近く減少し、最終日が最少額となる「安値引け」となった。
中々減少に歯止めが掛からない状態が続いている。

_
また、同じく直近3ヶ月間(20/12/07 ~ 21/03/05)での推移は、下図の通りとなった。

1月下旬から堰を切った様に下落し、その勢いが今日まで続いている。
主力の アイ・アールジャパンホールディングス が下落率トップとなっており、なす術が無い。

_
また期間中の売買は、下記の通りとなった。

_【長期投資PF】
___売り :無し
___買い :無し

下値に買いを入れている銘柄もあるが、昨日までには約定には至らなかった。
何れ刺さる事をじっくりと待ちたい。

高値警戒感があり、積極的に買う気にはならない。

_
次に、直近3年間の長期投資PFの投資総額と評価総額、TOPIXの推移は下図の通りとなった。

※TOPIX株価指数は、2倍している。

既に半分はトレンドが崩れた様なものだが、ここで踏ん張る事が出来るのか。
暫くは受難の時が続きそうな気配が濃厚だ。我慢するしかないだろう。

_
次に、月間の各指数および長期投資PFの各銘柄の変動状況は、下表の通りとなった。
黄色の網掛けは月間変動率がマイナス、ピンク色の網掛けは含み損を表している。

<各指数>

小型株が弱い。マザーズ指数の突出した下落がその弱さを物語っている。
正にグロース株に逆風が吹いている。

<PF各銘柄>(月間変動率の昇順)

完敗となった。
主力の アイ・アールジャパンホールディングス がワースト1位では戦えない。

東計電算が2月8日に本決算を発表し15円増配、今期純利益:12%増益で辛うじて上昇。

エスティックは3月4日に純利益 35%増の上方修正し配当も大幅減配ながら引き上げ。
5日は +7.0%、285円高となったものの、月間ではマイナス。

_
<PF各銘柄>(評価損益率の昇順)

順位の変動ほぼ無し。IRJHD は 45倍から 38倍に減少、コムチュアは 9倍から 7倍に減少。

小林製薬の含み益は風前の灯火に。このままだと含み損への転落が濃厚である。
一旦撤収も一案ではあるが、長期的な成長は不変だと考えており継続としたい。

_
さて、米国長期金利の上昇によりグロース株には分の悪い環境が続いている。
しかし環境に応じて割安株、景気敏感株への乗り換えをするつもりもない。

グロース株には買いのチャンスが巡って来るチャンスと捉え、積極的にとは行かないが
強い銘柄が落ちた所を、少しずつ拾う戦略で臨むつもりである。

但し全体相場は高原であり、小型株に手を出すのはリスクが高過ぎると思う。
IPOなどはどこまで沈むのか見当が付かない。
積極的に買い向かうのは控え、相場の本格調整が来るのを気長に待ちたい。

こんな環境下でも、成長株長期投資は粛々と継続するのがポイントである。
次回は、4月2日大引け後の結果でPF状況を纏める予定である。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00589]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

 ・2020年   9,634 万円 ( +61%+517%

カテゴリー

  1. MS-Japan

    6539 MS-Japan 2020年3月期・3Qは15%増益、株価は下落
  2. MS-Japan

    6539 MS-Japan 32%増益で増配、20年3月期も最高益予想
  3. ポートフォリオ全般

    株主通信は大事なチャンス。 賢い経営者は疎かにはしない
  4. センチュリー21・ジャパン

    8898 センチュリー21・ジャパン 2018年3月期・2Q決算発表
  5. コムチュア

    3844 コムチュア 1Qは40%増益でコンセンサス超過、株式2分割と優待拡充
PAGE TOP