ポートフォリオ年間状況

ポートフォリオ年間状況 (2021年) ▲3000万円・▲30%

<Written by 圭壱(Twitter : 圭壱@長期投資)>

年間および最新のポートフォリオ状況について記載する。

2021年のポートフォリオ状況は、下記の通りとなった。
__評価総額  : 6,549万円
__含み益率  : +393.3%

2020年末に対して ▲3,085万円、▲32.0% と大きな減少となった。

_
次に、2009年に上場個別株式への投資を再開して以降の、投資資産の推移は下図の通りとなった。

※TOPIX株価指数は、2倍している。

2020年の大幅増加を殆ど吐き出す結果となった。
このまま減り続けると中々厳しいが、今後の推移に期待したい所。

_
次に、長期投資を開始した2013年末より2021年末までの各年の実現損益と受取り配当は
下図の通りとなった。

売買は殆ど行っておらず、実現損益は +10万円となった。
受取り配当は2020年に銘柄整理を行ったため減少。現在は整理が終了し今後は保有銘柄の売却は
行わないため配当は底を打つ見込み。今後の増加が楽しみである。

_
次に、年間および現在の長期投資PFの各銘柄の変動状況は、下表の通りとなった。
黄色の網掛けは変動率がマイナス、ピンク色の網掛けは含み損を表している。

<2021年・年間>(変動率の昇順)

評価額の最も大きい IRJHD が ▲58.8%と最大の下落では減るのも仕方が無い。
また、4月に新規に投資した OBC がそれなりの含み損に転落。鉄壁の企業なので気にせず長期保有。

<現在(2022.01.28)>(変動率の昇順)

IRJHD は2022年も現在まで ▲30%と下落が止まらない。
また、過去決算について調査中の 日本M&Aセンター も ▲40%と酷い下げ。

長期投資PFの評価総額は昨年1月には一時1億円台に乗せた。
しかし、それから僅か1年で 5,000万円台と半減。
特定銘柄の評価額が突出しているPFの弱点が裏目に出た。

普通のサラリーマンが 5,000万円を失ったら平然としてはいられない。
ただし、私が行っているのは主にグロース銘柄への長期投資。
株価の激しい上下には、良い意味での鈍感さを持つ事が求められる。
そして期日や借金とは無縁の現物取引。だから「退場」とは無縁である。

また投資の含み益は「幻」であり、その減少を一々気にしていたら長期投資など出来ない。
株価の下落を横目に淡々と継続する位の器量が求められるのだ。
含み益など失ったのではなく、元に戻っただけの事。
これからも投資先企業の成長とその先を見据え、ひたすら続けて行くだけである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00597]

★ブログ村に参加・ランキングされています。 応援宜しくお願いします。
ブログ村ランキング(株 中長期投資)
ブログ村ランキング(株の基礎知識)

★アフィリエイトプログラムです。 ご利用お待ちしております。
・アマゾン ===> Amazon
・楽天市場 ===> Rakuten
・ヤフーショッピング ===> Yahoo!ショッピング



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

 ・2020年   9,634 万円 ( +61%+517%

 ・2021年   6,549 万円 ( ▲32%+319%

カテゴリー

  1. HEROZ

    4382 HEROZ はセカンダリでもヒーローになれるか?
  2. システナ

    2317 システナ 20年3月期・3Q決算は15%増益
  3. ユニバーサル園芸社

    6061 ユニバーサル園芸社 を全て売却、撤退
  4. ポートフォリオ全般

    M&A関連銘柄が波乱の展開に。さてどうする?
  5. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 2019年3月期・1Q決算 19%増益、株式2分割
PAGE TOP