ユニバーサル園芸社

6061 ユニバーサル園芸社 2017年6月期・本決算発表

PF銘柄の四半期発表ラストとなる、6061 ユニバーサル園芸社が本日8月14日の大引け後
2017年6月期の本決算を発表した。

指標毎の状況は表の通り。

実績 前期比 通期予想 進捗率
売上高 71.1億円 +21% 72.0億円 +98%
営業利益 8.2億円 +7% 8.6億円 +95%
経常利益 9.3億円 +25% 9.0億円 +102%
純利益 6.2億円 +26% 5.9億円 +104%

売上高・営業利益こそ会社予想には届かなかったものの、経常利益・純利益は当初の予想を
僅かながら超過して着地した。 純利益ベースで26%の増益である。

レンタルグリーン事業は新規顧客の獲得や、米子会社の事業譲受により増収を確保。
小売り事業も生花店・園芸雑貨店経営により増収で着地。

グリーン事業の売上高営業利益率は関東が 22.7%、関西が 21.1%、海外が 1.3%となっており
何れも前期より減少している。

なお同時に、1株当たりの配当額について従来予想の 17.5円から 20円への増配が発表されている。

2018年6月期は売上高 76.0億円(6.9%増)、純利益は 6.5億円( 4.1%増)の予想となっている。

今期は全セグメントで増収増益となり、更に増配が実現する様、頑張って取り組んで行って
ほしいものである。 成長株として期待している。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00060]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスカウンター

  • 21 ・今日の訪問者数:
  • 217 ・昨日の訪問者数:
  • 1605 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. M&Aキャピタルパートナーズ

    6080 M&Aキャピタルパートナーズ 上場来高値更新で6バガー達成
  2. ベネフィットジャパン

    3934 ベネフィットジャパン 2019年3月期・2Q決算を発表、20%増益
  3. 東計電算

    4746 東計電算 18年12月期本決算は10%増益、19年は8%増益予想
  4. インターワークス

    6032 インターワークス 2018年3月期・2Q決算発表
  5. ジャパンマテリアル

    6055 ジャパンマテリアル 19年3月期本決算は35%増益、今期は微増
PAGE TOP