日進工具

6157 日進工具 東証1部への指定替えと株式売出しを発表

6157 日進工具 が8月18日の大引け後、東証市場第1部指定の承認と株式の売出しを発表した。

2017年9月8日より、現在の東証2部上場から同1部上場へと指定替えされる。

また後藤弘治社長と後藤隆司副社長、および両者を含む後藤親族の経営する資産管理会社3社の
保有株式の内の合計104万株余り、発行済株式総数の約 8.3%を売り出す。

同時に、本売出しに際してオーバーアロットメントによる売出しとして、主幹事である三菱UFJ
モルガン・スタンレー証券による株主からの借り入れ用に、最大で 156,500株を売り出す。

売出しの目的として、株主分布状況の改善および流動性の向上を挙げている。

今回の売出しにより、後藤社長・副社長・会長と資産管理会社3社の合計保有割合が現行の 44.9%
程度から 36.5%程度に減少する。

東証1部上場と新規株式の売出しという、株主にとっての良いニュースと悪いニュースを同時に出す、
よくある手段である。

何はともあれ、地味な2部から光の当たる(?)1部への昇格である。

私はイベント投資家ではないため、事前にこの様な可能性を意識したり調べて投資している訳では
ないので、結果的にそうなったというだけであるがホルダーとしては素直に嬉しい出来事である。

これからは、東証1部の上場企業としてその名に恥じぬ様、業績向上と社会的責任を果たして
ステークホルダーを幸せにする企業へと成長して行ってほしいものである。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00063]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 18年3月期・2Q決算と増配、株価 2,000円と3バガー…
  2. 割切投資

    [割切投資] 1銘柄は高評価、2銘柄の決算は想定以上の着地に
  3. TATERU

    1435 TATERU 本田圭佑も泣いている。
  4. 日本エス・エイチ・エル

    4327 日本SHL 株価 5,000円台達成
  5. アイ・アールジャパンホールディングス

    6035 IRJHD 3Q決算は2倍増益、3度目の通期上方と自社株買い
PAGE TOP