日本M&Aセンター

2127 日本M&Aセンター 株価 5,000円台達成

2127 日本M&Aセンター の株価が本日8月23日、終値で 5,070円となり実質的な上場来高値の更新
(高値 5,080円)と、終値での初の5,000円台を達成した。

同社の週足チャートと四半期決算における純利益の推移を表示したのが下記のチャートである。

私が購入した2016年12月以降、結果的にタイミングが良くほとんど大きな調整もなく順調に
上昇を続けている。 非常に頼もしい会社である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

決算結果は全て、増益を表すピンク色である。

何という確実な決算実績であろう。
全く持って危なげない、確実な決算とその結果を長期的に反映した株価の推移である。

四季報をめくると、月足チャートで綺麗な右肩上がりとなっている銘柄が一定の割合で存在する。

その様な銘柄に共通しているのは、決して派手ではないが確実な増収増益を毎回実現している
という点である。

常にマーケットのコンセンサスに近似しているか、それを僅かでも上回る。 そして、その実績を
決算発表の度に積み上げている。 そういった銘柄の割合が非常に多い様に感じている。

そして、そういった銘柄は得てしてPER指標は高い。 結果的に購入直後の配当利回りは低くなるし、
決して買いやすい株価ではない場合が多いのが事実であろう。

一方で、毎回実績を積み上げている企業はマーケットからの信頼も高くなるし、投資家は安心して
長期的に保有を継続出来る。

こういった目に見えない安心感により、結果的に売りが少なくなり株価の継続的な上昇に繋がる。

当社に関しては今まで述べてきた通り、事業環境は今後バラ色であり常に需要が供給を大幅に上回る
引く手数多の状態である。

抜群の成長性を秘めた企業であると思う。

このチャートを眺めながら同社の将来を想像すると、非常に俗めいているがひたすら頭の中で妄想が
膨らんで仕方がない。 

先ずは今期末が非常に楽しみである。 

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00066]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (19/12/06) 含み益4,100万円、200%突破
  2. エスティック

    6161 エスティック 続伸し株価 5,000円台達成
  3. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (19/11/01) 含み益率188%で過去最高に
  4. ベネフィットジャパン

    2018年新春・お年玉銘柄の年間結果は ▲36.8%下落
  5. 東計電算

    4746 東計電算 18年12月期本決算は10%増益、19年は8%増益予想
PAGE TOP