M&Aキャピタルパートナーズ

6080 M&Aキャピタルパートナーズ 2018年9月期・2Q決算発表

6080 M&Aキャピタルパートナーズ が昨日4月27日の大引け後、2018年9月期の第2四半期決算を
発表した。

指標毎の最終着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 49.00億円 +0.7% 86.67億円 +56.54%
営業利益 23.02億円 ▲1.2% 38.75億円 +59.41%
経常利益 23.01億円 ▲0.6% 38.76億円 +59.37%
純利益 16.00億円 +2.7% 25.76億円 +62.11%

売上高・各利益とも、通期予想に対して50%以上の進捗率は確保した。
ここはまぁ上方修正が前提なので、クリアして当然となる。

2Q期間中は、グループ全体でコンサルタントの確保のための採用活動を積極的に推進。
また、セミナー実施やサイトの改修などプロモーション強化に向けた施策を推進している。

M&A成約件数は、下記の通りとなった。

第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期 通期合計
本体 29件 28件 —件 —件 57件
レコフ 08件 06件 —件 —件 14件
合計 37件 34件 —件 —件 71件

単体での2Q期間累計:57件は過去最高を記録、レコフも前年比で +4件となった。

何れも2Qは1Qを上回ってはいないが、前期から案件在庫が積み上がっているという事であり、
特に問題はないだろう。

2010年からの累計成約件数の推移は、下図の通りとなる。


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2018年9月期 第2四半期決算説明資料

2011年からの各期の成約件数は、13 → 18 → 21 → 35 → 44 → 58 → 111 → 130(予想)となり
順調に増加している。 2017年9月期からは、レコフ買収により一気に3桁となった。

今期の会社予想は 130件であるが、2Q時点では 71件で 54.6%の進捗率である。
件数ベースでみると、通期の上方修正は確実であろう。


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2018年9月期 第2四半期決算説明資料

今期も既に折り返し地点を過ぎた。
通期での上方着地の上乗せを目指して、後半戦も勢いを加速してほしい。

 
さて相変わらず当社は無配であり、今回の決算でもその予想である。

前期発生したレコフ買収費用は一旦借入金で賄ったが、直ぐに増資して全額返済し現在は無借金である。
2Q時点の自己資本比率は 83.4%であり、豊富な現金を有するキャッシュリッチ状態である。

無配でも良いが、株式消却も含めて株主に直接還元をしないのであれば、保有する現金は成長に向けて
有意義に使わなければならない。 必要以上に貯め込んでいても仕方が無い。

勿論この点は、想定していると思われる。
決算説明資料の最後のページに、グループ成長のイメージがある。


画像出所:M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 2018年9月期 第2四半期決算説明資料

正に上記の、赤色の部分である。
レコフが “ホップ” であり、次のステージとなる “ステップ” である。

まだ具体的な施策は無いのかもしれないが、実現に向けた青空写真は描いているだろう。
機が熟したら成長に向けた適切な投資を行い、企業価値を高めることで株主に還元してほしい。

今後の成長に大いに期待して、引き続き投資を続けて行く予定である。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00231]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (18/08/03) ~昨年末比 +14.5%で終了~
  2. コムチュア

    3844 コムチュア 上場来高値を更新し 2,500円台、7.5バガー達成
  3. インターワークス

    6032 インターワークス を売却、45%の損失確定
  4. アトラ

    6029 アトラ 2018年12月期・2Q純利益予想を36%上方修正
  5. コムチュア

    3844 コムチュア から株主通信。業績と株価のベクトル真逆が鮮明に
PAGE TOP