アトラ

6029 アトラ 2018年12月期・1Q決算発表

6029 アトラ が昨日5月2日の大引け後、2018年12月期の第1四半期決算を発表した。

指標毎の着地状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 通期会社予想 進捗率
売上高 9.27億円 +6.89% ※ 43.00億円 +21.56%
営業利益 1.06億円 +131.51% ※ 4.50億円 +23.56%
経常利益 1.06億円 +109.84% ※ 4.60億円 +23.04%
純利益 0.71億円 +189.35% ※ 3.03億円 +23.43%

※前期比は今期より連結決算に移行のため未公表。 数値は前期単独決算実績値との比較。

全体としては、売上高は +6.89%、営業利益は +131.51%、経常利益は +109.84%、
純利益は +189.35%の増収・大幅増益となった。

サービス形態別には、下記の通りであった。

売上高 構成比 前期比
機材・消耗品販売 5.73億円 61.9% +58.2%
ほねつぎチェーン 1.10億円 11.9% ▲55.6%
アトラ請求サービス 0.98億円 10.6% +17.1%
HONEY-STYLE 1.17億円 12.6% ▲10.3%
介護支援、その他 0.28億円 3.0% ▲33.3%

自費施術の拡大に注力した事により、機材・消耗品販売が前年同期比で約6割増と大幅に伸び
安定した売上に育ちつつある。

アトラ請求サービスも会員数が増加した結果、17%の増収を達成した。

しかし、FC展開のほねつぎチェーンが ▲55%と失速した。 HONEY-STYLEも ▲10%の減少。
介護支援は、まだまだこれからである。

同時に発表された、決算短信補足資料には

・機材・消耗品販売の売上高が好調に推移
・アトラ請求サービスの会員が 2,700会員に増加(104会員増)
・ほねつぎチェーンの加盟院が94院に減少(4院減)
・HONEY-STYLEの利用院が616院に減少(3院減)

とあるが、2つのサービスの院数減少の理由までは踏み込んだ記載が無い。

ほねつぎチェーンは、前期末時点の 98院が 1Q時点で 94院に減少。


画像出所:アトラ株式会社 2018年12月期 第1四半期 決算短信補足資料

HONEY-STYLE利用院数は、前期末時点の 619院が 1Q時点で 616院に減少。


画像出所:アトラ株式会社 2018年12月期 第1四半期 決算短信補足資料

これらの結果は、少々気に掛かる所ではある。

特にほねつぎチェーンのFC脱退の原因は何なのか、単に経営者側の個人的な都合であれば良いが
FC運営内容自体に何らかの原因があるとすれば、長期的に影響を与える可能性も出てくる。

ここは原因の分析と、株主や投資家への丁寧な説明が必要であろう。

  
次に、昨年11月からの株価の動きを確認してみる。

同社株式の日足チャートと、四半期決算における純利益の推移を表示したのが下記の図である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

11月2日の大引け後に発表された、2017年12月期・3Q決算が純利益で前期比 +47.6%となるなど
好調だった事を受けて株価は上昇し 720円を付けるも、そのレベルからは更には上昇せず。

以降2月5日まで 700円前後で底練りを続けていたが、同日の大引け後に本決算発表に先駆けて
上方修正と期末配当予想の増額が発表されると、大商いで一時ストップ高を付ける上昇を見せた。

そして以降は全体相場に逆行高して上昇を続け、4月10日には 1,279円の高値を付けた。

以降は下落して4月24日に 971円の安値を付けたがそこからは切り返し、昨日5月2日は決算期待
から 113円高(+11%)と大きく上昇し 1,131円で引けている。

決算発表を受けて、GW後の5月7日の取引ではどの様な動きを見せてくれるだろうか。

 
今期は、成長イメージの回復と投資家の期待を再び高めるためには大事な1年となる。

機材・消耗品販売の好調を維持した上で、はやり主力である “ほねつぎチェーン” の加盟院数の
成長が必須となる。 ここはもう一度初心に戻り、是非注力してほしい。

経営者側・利用者側の両面で、鍼灸接骨院・介護をそれぞれトータルでサポートする成長企業と
いう見立てに変わりはない。

引き続き、その成長を願って長期投資を継続して行きたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00234]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. アトラ

    6029 アトラ 2017年12月期・2Q決算発表
  2. 投資方針

    ポートフォリオの投資銘柄数はどう考える?
  3. 山田コンサルティンググループ

    4792 山田コンサルティンググループ 株式分割を発表
  4. アトラ

    6029 アトラ 2017年12月期・2Q決算を上方修正
  5. ポートフォリオ月間状況

    ポートフォリオ状況 (20/02/07) 評価総額は一時、過去最高を更新
PAGE TOP