ユニバーサル園芸社

6061 ユニバーサル園芸社 18年6月期・3Q決算と通期下方を発表

6061 ユニバーサル園芸社 が本日5月14日の大引け後、2018年6月期の第3四半期決算を発表した。
また同時に、通期予想の下方修正を発表した。

指標毎の進捗状況および修正状況は、下表の通りとなった。

実績 前期比 会社予想 進捗率 修正率
売上高 54.85億円 +3.7% 74.14億円 +73.98% ▲2.5%
営業利益 6.41億円 ▲5.4% 8.40億円 +76.31% ▲7.8%
経常利益 6.44億円 ▲16.5% 8.55億円 +75.32% ▲11.4%
純利益 2.90億円 ▲43.4% 4.24億円 +68.40% ▲19.2%

売上高は前期比で微増を確保したものの、各利益は全て減益で純利益に向かってその率が大きい。

下方修正の割合も同様で、純利益は約20%近く予想を下げてきた。
米国子会社ローリング・グリーンズ・インク社の人材流出による売上の低迷およびそれに伴う
人材確保の費用の増加等を原因としている。

人材流出の原因は記載されていないが、本質的な問題では無い事を祈るばかりである。
M&Aのリスクが顕在化した形となった。

セグメント別には、下記の通りとなった。

売上高 前期比 営業利益 前期比
グリーン事業 41.14億円 +4.3% 6.14億円 ▲7.8%
卸売事業 6.65億円 +4.9% 0.54億円 +35.4%
小売事業 7.71億円 0.4% ▲0.44億円 —%

主力のグリーン事業は、ローリング・グリーンズ・インク社の人材流出による売上の低迷および
それに伴う人材確保の費用の増加等により減益となった。

卸売事業は、販売先の拡大等の営業強化に取組み増収増益となった。

小売事業は、大阪に新規店をオープンしたものの客足が伸びず、設備投資の償却額等を回収出来ず
損失となったとしている。

米国の不調は気になるが、同社の基本戦略3点の一つである


画像出所:株式会社ユニバーサル園芸社

“シェアの拡大” にしたがい、今後もシェア拡大を目指して事業を伸ばして行ってほしい。

次に、株価の動きを確認してみる。
同社株式の週足チャートと、四半期決算における純利益の推移を表示したのが下記の図である。


チャート出所:YAHOO! JAPAN by WORKS TECHNOLOGY

株価は2016年より時々階段を昇る形で上昇し、2017年6月期の3Q決算が前期比 +39%となった直後に
2,300円を超えた所が頂点となった。

そこから先はなだらかに下落しており、2018年6月期は決算発表の度に下落する結果となっている。
株価がもう一段階段を上がるには、やはり好決算を出す事が必要になろう。

米国事業について人材流出の原因分析と立て直し、また今後のM&Aにおける費用対効果やリスクの
見極めをより慎重に行い、基本戦略の一つである「シェア拡大」を推進して行ってほしい。

四半期決算に一喜一憂する事なく、今後も長期投資のスタンスで臨みたい。

[成長株への長期投資~経済的自由人を目指して~ 記事 No.00255]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 Twitter : 圭壱@長期投資

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

 詳細は ---> 管理人プロフィール

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

 ・2019年   5,988 万円 ( +43%+283%

  1. SRAホールディングス

    3817 SRAホールディングス 2018年3月期・2Q決算発表
  2. ソーバル

    2186 ソーバル 2018年2月期・2Q決算発表
  3. ウェルビー

    6556 ウェルビー 18年3月期本決算と増配を発表し上昇
  4. ウェルビー

    6556 ウェルビー 2019年3月期・1Q決算を発表、36%増益
  5. 日本M&Aセンター

    2127 日本M&Aセンター 中間予想を上方修正、純利益 18%上乗せ…
PAGE TOP