投資全般

  1. 2019年の日本株相場は今後どうなる?

    今週、私の長期投資PFの評価総額は全く動かず、凪の状態が続いた。 4月08日 : 4,758万円 4月09日 : 4,753万円 4月10日 :…

  2. 株式投資で取れるリスクはどこまで? 自分の立場をわきまえる

    私たち個人投資家が投資を行う上で、最も重要な事は何であろうか。答えは色々とあるだろうが、私は結局は次の2点に回帰すると考えている。 1.リスクの…

  3. 東証の改革報道で 6035 IRJHD が急伸

    東証が昨年11月にワーキングを立ち上げ議論を進めて来た、制度改革について進展があった。改革案を検討する「市場構造の在り方等に関する懇談会」が近く報告書と…

  4. 元本保証で利回り10%以上? 1000%サギです。

    またもや、出資法違反による事件が発覚した。加工食品のオーナー制度で多額の資金を集めていた、東京都千代田区の「ケフィア事業振興会」という企業が 1,0…

  5. ワンルーム賃借人は超いい加減な女だったが、結局儲けさせてくれた話し

    投資用に唯一保有する、ワンルームマンションの賃借人に関する実話である。今から17年ほど前になるが、2002年11月にそれまでの賃借人の自己都合による退去…

  6. JIC空中分解。お上の顔色伺いながら真の投資はやはり無理

    官民ファンドの運営会社である産業革新投資機構(Japan Investment Corporation:JIC)は12月10日、田中社長以下、民間出身の取締…

  7. 相場は底割れ? 暫く気絶しているに限る。

    投資家の呻き声が聞こえてきそうな相場の下落が続いている。下記は、10月26日までの日経平均株価の日足チャートである。チャート出所:YAHOO…

  8. 日本人が貯蓄から投資へ目覚めるには?

    皆さんは、自分が投資をしている事を周囲の人に話しているだろうか。私は会社員であるが、社内で株式投資をしている事を自分から話す事はない。今までほんの数…

  9. (提案) IPO公募株にロックアップ枠の創設を

    成長する企業を探し出そうとすると、自然とIPO企業にも目が行く様になる。IPOしたての企業の中から将来大きく成長しそうな有望企業を自分で選び出し、初期の…

  10. 気軽に借金する人、そうでない人。そこが運命の分かれ道

    投資以前の、消費の話しである。一般消費者としての人は、消費行動に対する考え方の違いから2つのタイプに分類される。 1.手持ちのキャッシュの範囲で…

  11. 相場の行方は混沌も、PF銘柄の決算発表を待つのみ

    2月5日から始まった相場の下落後、10週目が経過した。2月2日からの各指数の推移を、下図に表す。NYダウ、日経225、TOPIX、日経JAS…

  12. 貿易戦争終結? 相場は新年度へ向けて始動

    2月5日から始まった相場の下落後、8週目が経過した。2月2日からの各指数の推移を、下図に表す。NYダウ、日経225、TOPIX、日経JASD…

  13. 日中貿易戦争勃発。 遂に底割れの展開に

    2月5日から始まった相場の下落後、7週目が経過した。2月2日からの各指数の推移を、下図に表す。NYダウ、日経225、TOPIX、日経JA…

  14. NYダウに追いつけ日本株

    2月5日から始まった相場の下落後、5週目が経過した。2月2日からの各指数の推移を、下図に表す。NYダウ、日経225、TOPIX、日経JA…

  15. 再度の急落到来なのか?

    2月2日を頂点とした今回の急落から、4週目の相場が終了した。この間の株価指数は、日経平均株価は2月14日に一旦底を打ち少しずつ上昇していたが、今週に…

  16. 投資は、自分で考えて実行する事に意義がある

    先日、仕事での移動中に少々時間が空いたので本屋に立ち寄り、投資雑誌のコーナーで軽く眺めていた。場所は主要ターミナル駅に直結した百貨店内で、もちろん平日で…

  17. 相次ぐ不正。 日本のものつくりは地に墜ちたのか?

    新聞1面の見出しに連日、「不正」の文字が躍る。7201 日産自動車、政府系金融機関である商工中金。 そして 5406 神戸製鋼所。近年、上場企業…

  18. 貯蓄から投資へ。でもその前にやるべき事がある

    "貯蓄から投資へ" というスローガンが官主導で使われる様になったのは、2001年頃からである。それから16年が経過して、現在家計の金融資産とその構成はどうな…

  19. 元本保証で高利回りを求める人の末路

    世の中には、自分の資産運用について「元本保証」を大前提とする人が一定の割合で存在する。人には皆それぞれの考えや事情、置かれた立場や環境がありそれ自体は別…

  20. 中期トレンド転換の恐怖と戦う

    私の様な長期投資家にとって最も頭を悩ませるのが、中期トレンドの動向である。よくトレンドには逆らうな、と言われる。下げトレンドの中でどんなに頑張って買…

アクセスカウンター

  • 30 ・今日の訪問者数:
  • 254 ・昨日の訪問者数:
  • 1719 ・先週の訪問者数:

管理人プロフィール

 Author : 圭壱

 50代の会社員。

 2013年より日本株を対象とした

 成長株への長期投資を実践。

 投資先企業の活動を通じた社会貢献と同時に、投資

 資本の成長を目指す。 最終目標は経済的自由人。

保有株式の年末評価額 (単年率・累計率)

 2013年12月  1,560 万円でスタート

 ・2013年   1,567 万円 ( +0%

 ・2014年   1,923 万円 ( +23% ・ +23%

 ・2015年   2,297 万円 ( +19% ・ +47%

 ・2016年   2,695 万円 ( +17% ・ +72%

 ・2017年   4,739 万円 ( +76%+203%

 ・2018年   4,180 万円 ( ▲12%+166%

  1. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム 18年3月期本決算発表で一時ストップ安
  2. ポートフォリオ全般

    M&A関連銘柄が波乱の展開に。さてどうする?
  3. システナ

    2317 システナ 2019年3月期・3Q決算を発表、31%増益・3円増配
  4. ポートフォリオ全般

    四半期決算総括 悲喜こもごも
  5. エムケイシステム

    3910 エムケイシステム 2018年3月期・1Q決算発表
PAGE TOP